HOME>コラム>契約前に確認【遺品整理を業者に依頼する際の注意点】

契約前に確認【遺品整理を業者に依頼する際の注意点】

和室

プロによる遺品整理の流れ

東京でも遺品整理の業者がたくさん活躍しています。故人の持ち物を遺族が整理するのは心理的にも辛い作業ですし、遠方に暮らしている場合には時間を作るのも大変です。プロによる遺品整理の流れは、まず相談を受けた業者が現場を視察し、量や内容から対応人数を計算して見積書を出します。そこで業者ごとにどのように進めていくか詳細な計画を説明し、任せられると感じたら契約となります。当日は打ち合わせ内容に沿って作業を行い、遺品をそれぞれ分別して廃棄するもの、売却するもの、寺院などで供養するものなどに分けて行きます。プロにしかわからない的確な処理がありますし、優秀な業者は気遣いも素晴らしいので、きっと安心して任せられるでしょう。

椅子を持つ人

遺品整理を依頼する際に押さえておきたいポイント

東京の業者に遺品整理を依頼する場合には、まず信頼できる業者かどうかをしっかりチェックすることが大切です。見極めるポイントは、専門的な知識やノウハウを持っているかどうかという点です。遺品整理には遺品整理士という民間資格もあります。必ずしもこの資格が必要とは限りませんが、有資格者は専門的な勉強を修了しているため、信頼度も上がるでしょう。また、料金システムが明確なことは重要で、すべて終わってから金銭的な揉め事などが起こらないよう、契約前にしっかり確認が必要です。そして、やはり最終的には心遣いや気遣いがあるか、故人に対して敬意を持った丁寧な仕事をしてくれるかどうかが大切なポイントです。現場では何事も勝手に進めるのではなく、遺族に確認を取ってから処理を進める教育を徹底している事も重要です。